2013年02月03日

ありがとう・・・

CIMG2451.JPG

      もう10年ですね・・・
      毎年、毎年、
      命日にはお花を贈って下さる方がいます。
      誰かが覚えていてくれるって
            本当に嬉しいですね。
      いろいろな人が支えてくれたお陰で
      今の私達がある事に
            本当に感謝です。
        “ありがとうございます”
      長いトンネルの出口が見えなくて
            悩んだ日々もありました。
      肩に背負わされたものの重さに
        押しつぶされそうになった日々もありました。
      “この子達をちゃんと大きくするからね・・・”
         と、約束したあの日から10年経って
      君達も成人し、
         母よりも、はるかに大きくなりました。
      いつも、誰かが支えてくれたから・・・
               ありがとう
      天国というところで
         大きくなった二人を
           微笑みながら眺めている人は
      きっと、二人の歩みに寄り添って
      君達の人生を
         一緒に楽しんでいるんじゃないかと
                   母は思っています。 


CIMG2449.JPG

       人は支えあって生きているんだにゃあ
       支えているだけでも
       支えられているだけでも駄目なんだにゃ
       支えあわなきゃいけないんだにゃ
           
      
      
            
      

      
                
posted by りゃんた at 14:55| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遺言だよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

言っておきたい事  その2

CIMG1969.JPG

       こらこら!
        撮影許可はとってあるのかにゃ?
       猫さんに撮影拒否されてしまいましたよ・・・


       近所で独り暮らしをしていた女性が
                  亡くなりました。
       亡くなったのは大晦日
       そして、発見されたのはおととい・・・
       悪い条件が重なってしまった結果だったのですが
            やっぱり、せつない・・・
       特に身内の方は辛いんだろうなと思います。
       
       本当に命というものは、儚いもの
       死は
       全ての生き物の生に
           常に寄り添っているもの
       死があるからこそ
       生きることが
         かけがえのないものとなるんですね。
       臓器を取り換えながら
           長生き出来る時代は
       もう、すぐそこまで来ているらしいけれど
       限りある命だから
       いつ失うか分からない命だから
       今を一生懸命生きる事が
             出来るんじゃないかな・・・
               と母は思います。
       
       私にも
       同じ事が起こる可能性はあります。
       家族に見守られて旅立つ人もいれば、
           一人でそっと旅立つ人もいます。
       どちらにしても
       旅立つ本人より
         残された人間の方が、
           色々な思いを抱え込んでしまうもの。
       でも、覚えていてください。
       自分で選び、自分の足で懸命に歩いてきた時間に
              母は満足していたという事を・・・
       これからも、死を迎えるその日まで
       きっと、我がままに
         自分の思うように生きて行くと思います。
       そして、死を迎えた時
             母は完全に自由になるんです。
           
                            
   
posted by りゃんた at 20:19| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遺言だよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

言っておきたい事・・・

CIMG0798.JPG

       昨夜の雪で
       富士山はこんなに素晴らしい姿に・・・

       CIMG0787.JPG

       カメラに戦いを挑んだラグさん
       噛みついた時の彼の息で
             レンズが曇ってしまいました
       でも、なんだかいい写真・・・
           なんて思うのは私だけ?



CIMG0788.JPG

       先日、近所に葬祭ホールが完成したので
             見学に行って来ました。

       一場安いコースの基本料金だけで30万円・・・
       プラスあれやこれやで
             いったい・・・・・

       “人間って、
          最後の最後まで大変!
            死ぬのも大変ですねえ〜”

       母は戒名もお経も要らないからね。
       最後は君達が送ってくれれば十分
       いろいろと面倒な事もあるから
       葬儀屋さんのお手伝いは必要になると思うけれど
       つまらないお金の使い方はしないでね。

       “お金は生きた使い方をするべき”です。

                 
       樹木葬というのがあります。
       遺骨を布に包んで土の中に埋めると
       50年もすると土に帰るそうです。
       母は土に帰して欲しいと思っています。
       そしたら、きっと又
         何かを育む事が出来るんでしょうねわーい(嬉しい顔)
       
       そして・・・
       とても大切なお願い・・・
       “延命治療はしないで欲しいよ〜”
       自分の命の終わりを
         ちゃんと受け止められるつもりです。
       だから、自然の成り行きに任せて
                その時を迎えます!

       君達が知っている通り
       終わりの時は突然やって来る事もあるんですね。
       でも、それも自然の成り行きなんです。
       私達の力では変えようのない
              自然の成り行きなんです。
       大切なのは、ちゃんと受け入れて
                  前を向く事。
       別れを言えなくたって
       最後に会えなくたって
           そんな事気にしなくていい。
       一緒に居る時間を大切に歩いて来たから
       一緒に居た時間が幸せだったから・・・

          前を向いて歩こう!
               
         
       
        
                

posted by りゃんた at 20:56| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遺言だよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする